平成28年12月1日より国際規格に整合した衣類の取り扱い絵表示の日本工業規格が施行されました。みなさんも新聞、ニュースや情報番組等で既にご存知かもしれません。
「22種類だった記号が、41種類に増えました!」
「今までの記号とは意味合いが違うのでご注意を!」など…
なんかややこしそうなことばかり言われてる気がしますよね!

でもご安心を♪
ご家庭での洗濯においてはほぼ影響はありませんし、はじめに覚えておいてもらいたい絵表示は2パターンだけです。

先ずはこの絵表示…

桶を図案化したもので「家庭洗濯」に関する表示です。要するに「家で洗えるよ!」って意味です。この桶の絵表示とともに色々な情報が記されます。

例えばこんな感じ…

今までは洗濯機の絵表示で指示が出されていましたが、海外では色々な形の洗濯機があるんで万国共通認識のある「桶」を使ったとか!
因みにこの絵表示は「40℃までのお湯なら普通に洗濯機で洗えるよ!」って意味です。

上の絵表示は「手洗いしてください!」って意味ですので、洗濯機にお任せでなく、ホントに桶にお湯、水を張って押し洗い等する必要があります。

上の絵表示は「家庭洗濯禁止!」って意味ですので、クリーニングに出す必要があります。

もうひとつがこの絵表示…

「商業クリーニング」に関する表示です。この「○」の中にP、F、Wの文字が入ります。

例えばこんな感じ…

この表示は「ウェットクリーニングできる!」って意味で、「クリーニング業者は水洗いしてもいいよ!」ってことを表しています。
この絵表示はクリーニング業者に対しての指示になるので、みなさんは「クリーニング業者に出せる!」って覚えておけば大丈夫です。

「洗い」に関する絵表示はこの2パターンですので、先ずは「桶」と「○」を覚えておけばOKです!ってオヤジギャグを言えるほど余裕が出てきたでしょ!!
実は絵表示が変わるだけで、衣類や洗濯機が革新的に変わるわけでないので、今まで通りで大丈夫です。
だって海外製品には既にこの絵表示が使われているんですから!!
これらの絵表示を意識しなくてはいけないのは、お客様となる一般の方々よりも自分を含めてのクリーニング業に携わる者やアパレル関係者なんですよね…もっと勉強しよ!!

mitsu.